「石工房」墓石・石の彫刻・インテリア・ストーングッズ

NAKANO Granite

墓参-お盆


墓参
  • 春と秋の彼岸や盂蘭盆(うらぼん)、そして月々の命日などに、お墓参りをます。
  • 墓の周囲をくまなく掃除した上で、次に墓を洗い清めます。
  • 遠い先祖の墓から年代順に洗います。
  • 閼伽(アカ)(仏に供える水)を手向ける穴は、よく洗います。
  • 墓地に打水をし、新しく花、ローソク、線香、お供物を手向けます。
  • 石塔にたっぷりと水を注ぎかけ、清めたいものです。
お盆(盂蘭盆)
  • 七月十三日に始まって十六日に終わるお盆 (月遅れの盆と称して八月十三日から十六日のところもあります)
  • お盆は、正しくは『盂蘭盆会』(うらぼんえ)といいます。
  • 一般には、十三日から十五日までの間に墓参を済ませ、十六日には「送り火」を焚いて精霊を送ります。
  • ところによっては川や池で「灯籠流し」が行われます。
  • 浄土真宗では、精霊祭、精霊迎えを行いませんので、迎え火、送り火もありません。
新盆
  • 新盆とは、故人が最初に迎えるお盆のことで、白い盆提灯を軒先に飾ります。
  • 新盆の法要は正式な喪服を着るのが普通とされています。
  • 精霊棚やお盆提灯など、普通のお盆と同じです。
春・秋の彼岸会(ひがんえ)(お彼岸)
  • 「到彼岸」のことです。
  • 春分、秋分の日を「中日」として、その前後七日間にわたって行われます。
  • 仏壇を掃除し、線香を立て、花や供物を盛って、墓参して墓地を清め、墓を洗い、花や供物
    をそなえます。
施餓鬼せがき
  • 孟蘭盆会と切り離すことができない行事に、施餓鬼会があります。
  • 無縁仏の墓を洗い清め、花や供物を供えて、ねんごろにお経をあげます。
  • 一般家庭でも、百カ日の法要の時、仏の供養とともに、施餓鬼会をするようになっています。
塔婆供養
  • 塔婆には角塔婆、板塔婆、経木塔婆などがあります。
  • 角塔婆は本墓のできるまでの仮のものです。板塔婆は年回法要などで用い、お墓の周囲に立てるものです。
  • 経木塔婆はお盆やお彼岸に使用します。
  • 板塔婆は一人一本というのが原則ですが、家族単位になっているところもあります。
  • 表には経文や戒名を、裏に供養する人の名などが書き込まれます。
前のページへ 次のページへ

Google
WWW を検索 株式会社中野グラニットサイト検索
創業明治40年
株式会社中野グラニット フリーダイヤル 0120−28−0002