「石工房」墓石・石の彫刻・インテリア・ストーングッズ

NAKANO Granite

回天 第4章 戦局悪化回天誕生訓練出撃


第4章
戦局悪化回天誕生訓練出撃
1931/9/18〜1945/1/12
戦争への道
 第1次世界大戦以後、急激な発展を遂げた日本は、西欧諸国に追いつけ追いこせと、市場や資源を求めて大陸進出をめざし始める。これにより日本はアメリカやイギリスなどと対立するようになり、やがて世界大戦へと発展していった。
1931918満州事変(「九一八事変)日米関係悪化。
193231満州国建国宣言。
193777日中戦争(盧溝橋事件)勃発
1937726アメリカ、日米通商航海条約廃棄
当時服装
193841国家総動員法制定(同年5月5日施行)。生活必需品配給制
当時服装
当時服装
当時の筆箱
194088戦艦「大和」進水
1940925日本軍が北部フランス領インドシナ進駐
1940927日独伊三国同盟調印
1941622独ソ戦争
1941728在米日本資産凍結、石油対日全面禁輸
19411126ハル・ノート
1941127戦艦「大和」徳山湾沖公試
1941128日本海軍(山本五十六)は米海軍太平洋艦隊の基地ハワイ・オアフ島真珠湾を攻撃(真珠湾攻撃)。太平洋戦争(「大東亜戦争」)
真珠湾攻撃
19411211独(ヒトラー)、米国に対して宣戦布告
19411216戦艦「大和」就役
19411216世界最大の戦艦「大和」就役
194267北太平洋のミッドウエー諸島沖(ミッドウェー海戦)で米機動部隊の攻撃を受け航空母艦4隻と多数の航空機を失う大敗北を喫す。
1943年(S18)夏、日本の敗退が続く中、二人の青年士官が戦局を逆転するには体当たりによる特攻作戦しかないと、人間魚雷を構想。その後、戦局はさらに悪化し、海軍省はついに試作兵器を完成させ、1944年(S19)年8月、正式兵器として探用された。祖国を守りたいとの一心から、特攻兵器「回天」は誕生したのである。
194276ガダルカナル島飛行場建設作業を開始
194285ガダルカナル島滑走路の第1期工事完了
194287ガダルカナル島、連合軍の奇襲攻撃。
1942810米軍、日本軍飛行場地区の占領。ガダルカナル島攻撃(ガダルカナル島の戦い)
そして9月、試験発射場のあったここ大津島に国天基地か開設され、全国から多くの若者たちが集まってきた。
写真(第8期士官講習員)
19421231日本軍ガダルカナル島撤退決定
学徒出陣
学徒出陣
1943102学徒出陣(男子学生の兵員徴集)20歳に達した学生
“天を回らし、戦局を逆転させる“
という意より「回天」と命名
19431015仁科関夫少尉、黒木博司中尉人間魚雷回天発案
1943111兵役法改正、国民兵役を45歳まで延長
募集案内
19431224徴兵適齢が19歳に引き下げられ、十数万人の学生が入隊。
1944217日本軍トラック島が陥落。
194466独軍(ヒトラー)、ノルマンディー上陸作戦により連合軍に仏ノルマンディー上陸される
1944619マリアナ沖海戦
1944620日本軍、マリアナ沖海戦大敗、撤退
1944718サイパン島玉砕
194481「天を回らし戦局を逆転させる」「回天」、兵器として採用。
大津島「回天」訓練基地模型
194491山口県徳山湾大津島「回天」訓練基地開設。
烈士 黒木博司大尉[岐阜](22)
194497訓練中、黒木博司大尉[岐阜](22)殉職※回天発案・開発者
烈士 黒木博司大尉[岐阜](22)
訓練事故の際、艦内で記した手帳
194497訓練中、樋口孝大尉[東京](22)殉職
19441013特攻の先駆け有馬正文中将、戦死
19441020神風特別攻撃隊、初出撃
19441023マッカーサー、フィリピン、レイテ湾上陸
19441024レイテ沖海戦。神風特別攻撃隊による攻撃により連合軍大損害。
1944117特別攻撃隊の1つ大日本帝国陸軍の空対空特攻、震天制空隊「震天隊」。
名簿
1944117菊水隊員、短刀伝達式が大津島基地にて行われる。
さらば祖国
 出撃の朝。隊員たちは、多くの戦友に見送られながら桟橋へと歩いていく。隊員たちは湾内に停泊している潜水艦に乗り込んだ。「出港」の合図があがり、回天を搭載した潜水艦はわずかに白煙を残し、音もなく進んでいった。
祖国と愛する者を守るため、隊員たちは命をかけて出撃していった。
 
1944118菊水隊、吉本健太郎中尉[山口](20)伊号第36潜水母艦搭乗、大津島基地よりウルシー方面出撃
1944118菊水隊、豊住和寿中尉[熊本](21)伊号第36潜水母艦搭乗、大津島基地よりウルシー方面出撃
1944118菊水隊、今西太一少尉[京都](25)伊号第36潜水母艦搭乗、大津島基地よりウルシー方面出撃
1944118菊水隊、工藤義彦少尉[大分](21)伊号第36潜水母艦搭乗、大津島基地よりウルシー方面出撃
1944118菊水隊、上別府宜絶大尉[鹿児島](23)伊号第37潜水母艦搭乗、大津島基地よりパラオ方面出撃
烈士・村上克巴[山口](20)

烈士・池淵信夫[兵庫](24)
短刀
1944118菊水隊、村上克巴中尉[山口](20)伊号第37潜水母艦搭乗、大津島基地よりパラオ方面出撃
1944118菊水隊、宇都宮秀一少尉[石川](23)伊号第37潜水母艦搭乗、大津島基地よりパラオ方面出撃
1944118菊水隊、近藤和彦少尉[愛知](21)伊号第37潜水母艦搭乗、大津島基地よりパラオ方面出撃
烈士 仁科関夫中尉[長野](21)
遺筆「櫻咲く日本に生れ男かな」
烈士 仁科関夫中尉[長野](21)
遺筆
「君が為只一筋の誠心に
当たりて砕けぬ敵やはあるべき
大君の醜の御楯と出て立つに
後見ん心は御代の曙」
1944118菊水隊、仁科関夫中尉[長野](21)伊号第47潜水母艦搭乗、大津島基地よりウルシー方面出撃※仁科中尉は黒木少佐の遺骨を抱いて乗艇。
1944118菊水隊、福田斉中尉[福岡](22)伊号第47潜水母艦搭乗、大津島基地よりウルシー方面出撃
1944118菊水隊、佐藤章少尉[山形](26)伊号第47潜水母艦搭乗、大津島基地よりウルシー方面出撃
1944118菊水隊、渡辺幸三少尉[東京](22)伊号第47潜水母艦搭乗、大津島基地よりウルシー方面出撃
19441119菊水隊、上別府宜絶大尉[鹿児島](23)伊号第37潜水母艦搭乗、米軍爆雷攻撃撃沈
19441119菊水隊、村上克巴中尉[山口](20)伊号第37潜水母艦搭乗、米軍爆雷攻撃撃沈
19441119菊水隊、宇都宮秀一少尉[石川](23)伊号第37潜水母艦搭乗、米軍爆雷攻撃撃沈
19441119菊水隊、近藤和彦少尉[愛知](21)伊号第37潜水母艦搭乗、米軍爆雷攻撃撃沈
19441120菊水隊、吉本健太郎中尉[山口](20)伊号第36潜水母艦搭乗、故障
19441120菊水隊、豊住和寿中尉[熊本](21)伊号第36潜水母艦搭乗、故障
祖国と愛する者を守るため、隊員たちは命をかけて出撃していった。
19441120菊水隊、今西太一少尉[京都](25)伊号第36潜水母艦搭乗、発進
19441120菊水隊、工藤義彦少尉[大分](21)伊号第36潜水母艦搭乗、故障
烈士 仁科関夫中尉[長野](21)
海軍兵学校へ入校時から第四学年までの身体検査表
19441120菊水隊、仁科関夫中尉[長野](21)伊号第47潜水母艦搭乗、発進※回天発案・開発者
19441120菊水隊、福田斉中尉[福岡](22)伊号第47潜水母艦搭乗、発進
19441120菊水隊、佐藤章少尉[山形](26)伊号第47潜水母艦搭乗、発進※回天搭乗員の募集にあたっては独身であることが原則だったが、2人いた妻帯者のうちの1人(搭乗員に採用された後、結婚)
19441120菊水隊、渡辺幸三少尉[東京](22)伊号第47潜水母艦搭乗、発進
19441120米軍の油送艦「ミシシネワ」撃沈。
19441124米軍による東京戦略爆撃による空襲
19441125山口県光回天基地設置
19441130菊水隊、吉本健太郎中尉[山口](20)伊号第36潜水母艦搭乗、故障帰還
19441130菊水隊、豊住和寿中尉[熊本](21)伊号第36潜水母艦搭乗、故障帰還
19441130菊水隊、工藤義彦少尉[大分](21)伊号第36潜水母艦搭乗、故障帰還
烈士 柿崎実[山形](22)
遺筆
 
19441221金剛隊、柿崎実中尉[山形](22)伊号第56潜水母艦搭乗、大津島基地よりアドミラルティ諸島出撃
烈士 前田肇[福岡](21)
採用通知
19441221金剛隊、前田肇中尉[福岡](21)伊号第56潜水母艦搭乗、大津島基地よりアドミラルティ諸島出撃
19441221金剛隊、古川七郎上曹[岐阜](27)伊号第56潜水母艦搭乗、大津島基地よりアドミラルティ諸島出撃
19441221金剛隊、山口重雄一曹[佐賀](23)伊号第56潜水母艦搭乗、大津島基地よりアドミラルティ諸島出撃
19441225金剛隊、川久保輝夫中尉[鹿児島](21)伊号第47潜水母艦搭乗、大津島基地よりホーランディア方面出撃
19441225金剛隊、原敦郎中尉[長崎](25)伊号第47潜水母艦搭乗、大津島基地よりホーランディア方面出撃
19441225金剛隊、村松実上曹[静岡](23)伊号第47潜水母艦搭乗、大津島基地よりホーランディア方面出撃
19441225金剛隊、佐藤勝美一曹[福島](23)伊号第47潜水母艦搭乗、大津島基地よりホーランディア方面出撃
19441230金剛隊、加賀谷武大尉[樺太](24)伊号第36潜水母艦搭乗、大津島基地よりウルシー出撃
烈士 都所静世[群馬](20)
遺筆
19441230金剛隊、都所静世中尉[群馬](20)伊号第36潜水母艦搭乗、大津島基地よりウルシー出撃
19441230金剛隊、本井文哉少尉[新潟](19)伊号第36潜水母艦搭乗、大津島基地よりウルシー出撃
19441230金剛隊、福本百合満上曹[山口](24)伊号第36潜水母艦搭乗、大津島基地よりウルシー出撃
19441230金剛隊、久住宏中尉[埼玉](22)伊号第53潜水母艦搭乗、大津島基地よりパラオ方面出撃
19441230金剛隊、久家稔少尉[大阪](22)伊号第53潜水母艦搭乗、大津島基地よりパラオ方面出撃
19441230金剛隊、伊東修少尉[鹿児島](20)伊号第53潜水母艦搭乗、大津島基地よりパラオ方面出撃
19441230金剛隊、有森文吉上曹[佐賀](26)伊号第53潜水母艦搭乗、大津島基地よりパラオ方面出撃
伊号第58潜水艦模型
19441230金剛隊、石川誠三中尉[茨城](21)伊号第58潜水母艦搭乗、大津島基地よりグアム島出撃
烈士 吉本健太郎[山口](20)

烈士 工藤義彦[大分](21)
扇子
19441230金剛隊、工藤義彦中尉[大分](21)伊号第58潜水母艦搭乗、大津島基地よりグアム島出撃
19441230金剛隊、森稔二飛曹[北海道](18)伊号第58潜水母艦搭乗、大津島基地よりグアム島出撃
19441230金剛隊、三枝直二飛曹[山梨](18)伊号第58潜水母艦搭乗、大津島基地よりグアム島出撃
194519金剛隊、吉本健太郎中尉[山口](20)伊号第48潜水母艦搭乗、大津島基地よりウルシー方面出撃
194519金剛隊、豊住和寿中尉[熊本](21)伊号第48潜水母艦搭乗、大津島基地よりウルシー方面出撃
194519金剛隊、塚本太郎少尉[茨城](21)伊号第48潜水母艦搭乗、大津島基地よりウルシー方面出撃
194519金剛隊、井芹勝見二曹[熊本](22)伊号第48潜水母艦搭乗、大津島基地よりウルシー方面出撃
隊員に別れを告げ桟橋へ
1945112金剛隊、川久保輝夫中尉[鹿児島](21)伊号第47潜水母艦搭乗、発進
1945112金剛隊、原敦郎中尉[長崎](25)伊号第47潜水母艦搭乗、発進
1945112金剛隊、村松実上曹[静岡](23)伊号第47潜水母艦搭乗、発進
1945112金剛隊、佐藤勝美一曹[福島](23)伊号第47潜水母艦搭乗、発進
1945112金剛隊、加賀谷武大尉[樺太](24)伊号第36潜水母艦搭乗、発進
1945112金剛隊、都所静世中尉[群馬](20)伊号第36潜水母艦搭乗、発進
1945112金剛隊、本井文哉少尉[新潟](19)伊号第36潜水母艦搭乗、発進
1945112金剛隊、福本百合満上曹[山口](24)伊号第36潜水母艦搭乗、発進
1945112金剛隊、久住宏中尉[埼玉](22)伊号第53潜水母艦搭乗、発進事故回避自沈
1945112金剛隊、久家稔少尉[大阪](22)伊号第53潜水母艦搭乗、故障
1945112金剛隊、伊東修少尉[鹿児島](20)伊号第53潜水母艦搭乗、発進
1945112金剛隊、有森文吉上曹[佐賀](26)伊号第53潜水母艦搭乗、発進
1945112金剛隊、石川誠三中尉[茨城](21)伊号第58潜水母艦搭乗、発進
1945112金剛隊、工藤義彦中尉[大分](21)伊号第58潜水母艦搭乗、発進
1945112金剛隊、森稔二飛曹[北海道](18)伊号第58潜水母艦搭乗、発進
1945112金剛隊、三枝直二飛曹[山梨](18)伊号第58潜水母艦搭乗、発進
1945112伊号第58潜水艦グアム島突入


Google
WWW を検索 株式会社中野グラニットサイト検索
創業明治40年
株式会社中野グラニット フリーダイヤル 0120−28−0002